みいと言う猫の話④

みいは父が新聞を読んでいても、父の膝から離れません。

父の猫好きと、みいの父好きに拍車がかかっていました。

もはや、母と私は格下扱いで(若干、母の方が私より上)私は猫のおやつでおびき寄せようと企みましたが敢なく撃沈でした。

「私には何の興味も見せてくれない」と感じていたある日・・猫の習性を見る驚きの事件が起こりました。      続く・・

投稿者 絵描きのおきみ

経理のお仕事をしながらイラストを描いています。子供は2人。関東に住んでいます。姉と一緒にオルゴール音楽も作っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA